那須塩原デリヘル「ピュアハート」10:00~翌1:00最終受付

0287-55-1808

光宙(ピカチュウ)ブログ

2017年10月10日(火)

メタルエリート

昔はよかった・・・・・
と、いうつもりはありませんが
最近の音楽業界は昔ほど盛り上がってない気がします
コチラも出尽くしてしまったのでしょうか?

それぞれの時代に多くの人が聞いている主流の音楽があります
アメリカなら、最近はヒップホップやラップ
その前がディスコっぽいものやロックで
さらに前だとソウルとかジャズとか

日本だとバンドブームがありその前は歌謡曲とか演歌
さらに前だと音楽の授業で習うようなものになるのでしょう
自分は結構トシをとっていますが、最近は聞く音楽が本当ありません
一山いくらのアイドル達の歌はおじさんにはキツイ

子供の頃の話になりますが
友達の家に遊びに行くと、友達のアニキが聞いてるのがほとんどロック
そういう世代でしたね ハードロックとかヘビーメタル全盛期でした
なのでアニキ達の影響をモロに受けて中学生のウチから
レッド・ツェッペリンやセックス・ピストルズ、ヴァン・ヘイレンに
エアロスミス、AC/DCやレインボーなどを聞いてました

しかし、ロックは90年代から瀕死になり2000年代にはお亡くなりになりました
ヒップホップが主流になって古い音楽になってしまいましたね
もうロックの形態で新しいモノが出てくることはないと・・・・

去年だったか、スタッフのどんちゃんがユーチューブを見てる時に
たまたまベビーメタルが流れました
ヘビーメタルのもじりなので、ベイビーメタルではなくベビーメタルですね
「何コレ?」と、どんちゃんに尋ねたら
「ベビーメタルですよ、知ってます?」と言うので
「知らないけど、自分たちで作詞作曲とかしてるの?」と聞いたら
「多分してないんじゃないですか?」との事
「それじゃダメだな」と、その場は単なるアイドルだと思ってそれで終わりました

んで、今年の春先にユーチューブでレッチリの動画を探している時に
レッチリがベビーメタルと共演してる動画を見つけたのでなんとなく見てみたら
それはちょっと衝撃でしたね 想像してたのとは全然違いました
まずはボーカルの歌声にシビレました
とにかくベビメタはライブのパフォーマンスが素晴らしい
声量があってまっすぐ伸びる声が突き刺さりました
そしてライブを見て気が付いたのは、バックバンドの演奏がやたらうまいこと
全員でベビーメタルではなく、あくまで3人の女の子のバックバンドなので
アドリブなどはしないのですが、CD音源以上の迫力でとにかくうまい
特にドラムが凄まじく、こんな無名の実力者がいたんだと感心しました

批判が多いのも確かですね
それはメタルエリートたちが「こんなモノはまがいもの」認定してるからです
元々がバンドじゃなくてプロジェクトだからでしょう
メタルエリートとは、別に優秀なメタラーというわけではなく
昔から俺は色んなメタルを聞いてきたぜ~、その俺に言わせれば・・・
みたいな、昔ながらのメタルしか認めないメタラー達のことですね
はい、それは自分のことです
リンプ・ビズキットのようなラップ・メタルなどを毛嫌いするワケですよ
当然、ベビメタもメタルエリート(特に海外の)には嫌われてます
それがですよ、海外のライブとかで
ペットボトルを投げつけようとしてたメタルエリートの態度が変わる時があります
それは演奏を聴いて(あれ?これって本物じゃね?)と思ったときに
自然にヘッドバンキングして拍手しちゃうんですよ

イギリスのソニスフィアでのイジメ・ダメ・ゼッタイ
ダンロードフェスティバルでのKARATE
オランダ・フォルタロックフェスでのロード・オブ・レジスタンスなど
見るとちょっと感傷的になってしまったり・・・
完全アウェイだったのに最後(勝ったな)って顏して歌ってたりします

楽曲は、ほとんどどこかで聞いた事があるフレーズなのですが
パクリではなくオマージュに聞こえるのはひいきし過ぎでしょうか?
プロデューサーのKOBA-METALが好きなものてんこ盛りで
X JAPANやメタリカ・ハロウィーン・リンプ・スリップノットに
マッドカプセルマーケット・グレートマジンガーなど
やっぱりどこか懐かしいのかな?

ベビメタはボーカルも演奏も凄いし楽曲も最上級ですが
横で踊っている2人こそがベビメタ本体ですね
彼女らは最初はアイドルから始まってますが
そんなことはどうでもよくなるぐらいライブのパフォーマンスが素晴らしい
本当、父兄になった気分です
ここ最近の心配事は「いつまでその衣装を着てるの?」ってトコですかね
今、海外で通用する数少ない日本人アーティストだと思います